2014年12月16日

すんき

すんきは長野県の木曽地方に古くから伝わる保存食のひとつです。
赤カブの葉を乳酸菌発酵させた漬け物で免疫力が上がることから注目されている
食べものです。

漬物なのに、塩を使わずに前年のすんき漬を種として加えて
乳酸菌を接種、発酵させることで作るのですが、ヨーグルトと同じ位の
乳酸菌があると言われています。

実際すんきを常食している長野県の人は風邪は引かないなどの他
アトピー性皮膚炎や花粉症、発ガン物質の除去作用などの効果も期待されています。






posted by na at 10:40| Comment(0) | 生活・日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

Powered by Seesaa
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。